診療案内



ボタンタップで各項目へ移動します。

審美歯科

入れ歯

小児歯科



審美歯科


img

審美歯科治療は、ただ歯の形を整え、白くする事だけではなく、見た目にも機能的にも考慮し治療します。
バランスの取れた口元を作り出すことで、健康で美しい素敵な笑顔が生まれます。
機能的な側面と審美的な側面、どちらも健康的な日常生活を送るうえで大事な要素ですが、保険診療による一般の歯科治療では、虫歯などの除去、失ってしまった歯の機能を回復するといった治療に重点が置かれ、治療した後の見た目や周りの歯との調和・機能性などを考えた場合には、限界があります。
当医院では、最先端の歯科医療技術で審美的にも機能的にも患者さん一人ひとりに合った治療を行っております。

当院ではご家庭で気軽に行えるホームホワイトニングを推奨してます。


ホームホワイトニング


ホームホワイトニングとは、基本的に在宅治療で、家で寝ている間に薬剤を塗布したマウストレイを装着するだけで、表面を削ることなく、やさしく持続的に歯を白くすることが出来ます。
また、歯にとても優しい成分を使用していることで、処置中の知覚過敏を起こしにくいのが特徴です。

【ホームホワイトニング価格】
17,500円(税抜)・・・
上下のどちらか
31,500円(税抜)・・・
上下

ホームホワイトニングの使用方法について


1. 注意事項などの説明を受けます。

img



2. 口腔全体の診査と適応性についての確認を受けます。

img



3. 歯科医師または歯科衛生士により、前処置としての機械的歯面清掃が行われます。

img



4. 歯の色の診査を行います。

img



5. あなたの印象採得(歯型を取ること)を行います。この印象を用いて専用のマウストレーを製作してもらいます。

img



6. あとはジェルをマウストレーに注入し、装着するだけです。ジェルの必要量には個人差があります。試適を行って歯科医師によって決められた必要量以上は使用しないようにしてください。

img



7. ホワイトニングは1日2時間以内で、期間は2週間以内となるようにしてください。マウストレーは使用後洗浄し清潔に保管するようにしてください。

img


当院採用のホームホワイトニング



抜群の白さ!アメリカ生まれの
「オパールエッセンス」


ホワイトニング先進国アメリカで広く使用されている「オパールエッセンス」を採用しています。
この薬剤は FDA(アメリカ食品医薬品局)の承認を受けており、安全性が確立されています。
やはり審美歯科の本場であるアメリカ製の薬剤のほうが、より白くなるようです。
効果のあるホワイトニングをご希望の方は、ぜひオパールエッセンスをお試しください。


ホームホワイトニングQ&A



Q.どのくらい白くなりますか?

A.事前の説明・指導に従って確実に行えば、白く美しい歯を手に入れることが出来ます。


Q.治療期間は?

A.1日に基本的に2時間使用していただきますが、ご都合により時間を分割して使用していただいても結構です。
この際ホワイトニング・ジェルは新しいものに入れ換えて下さい。上顎・下顎に対しそれぞれ2本ずつホワイトニング・ジェルをお渡し致します。
期間としては2~3週間で使い切って頂きます。
ホワイトニングは毎日連続しなければ効果がないという治療ではありませんが、ご自分の生活ペースに合わせて、2~3日に一度は確実に使用して頂く必要があります。



Q.ホワイトニング・ジェルの安全性は?

A.当院で使用しているホワイトニング・ジェルは、10%過酸化水素と言うお口の中の消毒薬にも使用されている薬剤の成分です。
日本の厚生労働省やアメリカのFDA(米国食品医薬局)で認可を受けた安全な薬剤です。
飲み込んでしまっても尿と一緒に排泄されます。
※妊娠中あるいは授乳中の女性に対する安全性は保証されておりません。
緊急を要する治療行為ではありませんので、安心して受診できる時期までお待ちになるようお勧め致します。




Q.痛みはないですか?

A.ホワイトニング中は、知覚過敏や歯肉の違和感が現われる可能性があります。
どちらも一時的な症状です。
1~2日使用を中断することで改善されます。
とても個人差が大きい症状なので事前説明時の歯科医の指導に従って対処して下さい。
(症状が顕著に現れた時は必ず担当医へご相談下さい。)



Q.どんな歯でも白くなりますか?

A.ホワイトニングは健康な歯(神経の治療を行っていない歯)にのみ有効に作用します。
すでに人工修復物(かぶせ物・つめ物)の入っている歯の色調は変化しません。
したがってホワイトニング終了後は、濃い色調が一段と目立ってしまう場合がありますので再治療をお勧めします。



Q.メインテナンスは必要ですか?

A.
[ホームケアによるメインテナンス]

ブラッシングを基本とする正しいプラーク・コントロールを行って頂きます。
歯科医師や歯科衛生士による指導をお受け下さい。
その他、再着色の原因となる、タバコ・お茶類・ワインなど着色因子を含む嗜好品の摂取には注意が必要です。
ご自身によるホーム・ケアは歯の白さをキープする大切なポイントとなります。

[タッチ・アップによるメインテナンス]
日常のホーム・ケア以外にもホワイトニング効果を長持ちさせるために6ヶ月毎のクリーニングとチェックにご来院下さい。
来院時に色調の変化が見られる場合には、再度ホワイトニング・ジェルを使用して、美しい白い歯を維持していただきます。



Q.何回通えばいいですか?

A.
第1日目・・・カウンセリング・クリーニング・型採り
第2日目・・・マウストレーの試適・使用説明

※多少の待ち時間を頂ければ全てを初回の日で行うことも可能です。
1日でも早くホワイトニングを始めたい方はご相談下さい。


6ヶ月後・・・メインテナンス



オフィスホワイトニング


オフィスホワイトニングとは、診療室で行なうホワイトニングです。
高濃度の薬剤を歯に作用させるため、短時間で歯を白くすることができます。
オフィスホワイトニングの効果は個人差や歯によりその度合いは異なりますが1回のホワイトニングでその直後からホワイトニングの効果を得ることができます。

痛みをともなわずに白い歯が実現!レーザーホワイトニング


レーザーホワイトニングは歯の表面に専用の薬剤を塗り、レーザーを当てるだけで、痛みをともなわずに白い歯が実現します。
非常に短時間で終わり、歯にダメージを与えません。
歯や体にダメージがなく、自然な白さでそして本当に白くなる結果がでる治療といわれています。
レーザー光の波長がホワイトニング用のジェルの分子に共鳴するため、必要最小限の出力で高い効率でホワイトニングを行うことができます。


セラミック治療


セラミック治療はセラミック製の人工歯や詰め物を用いた治療で、銀歯や銀の詰め物、小規模の不正咬合や色素沈着など、審美的な問題を解決したい場合に用います。
芸能人なども受けている治療で、とても白く美しい歯にすることができます。

自然な美しさに仕上がる詰め物、セラミックインレー

img
セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。
虫歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に用います。
セラミックインレーは、ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。
治療費は、やや高くなりますが、詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりを求める方にはお勧めです。

金属アレルギーの方も安心の被せ物、セラミッククラウン

img
金属を全く使用せず、陶器のみで作られたクラウンなので、金属アレルギーなどの心配がなく、アレルギーの方も安心です。
特に色調や透明感に優れていますので、きわめて自然の歯に近いものを再現することができるため、前歯などきわめて目立つ部分の歯の治療に適しています。
虫歯を治療したあと、歯の表面を削り、そこにセラミックのクラウン(冠)をかぶせて、歯の色、形、歯並びなどの美しさをトータルに修復、改善する方法です。

セラミック治療の素材、e-max
e-maxとは、審美性と耐久性を兼ね備えた最先端のセラミックです。高い生体親和性で、アレルギーの心配も無く、審美性でも、 天然歯のような最適な色、半透明性や明度を兼ね備えています。

インレー・・・
50,000円/本(税抜)
クラウン・・・
75,000円/本(税抜)

※処置する本数により価格はご相談させて頂きます。


特徴比較

素材
e-max
イメージ
img
補綴の特徴
アレルギーの心配も無く、天然歯のような最適な色、半透明性や明度を兼ね備えています。
価格
75,000円~
審美持続
★★★★★
生体親和性
★★★★★
※(税別)

素材
メタルボンド
イメージ
img
補綴の特徴
中身が金属で出来ているので、強度は強く、表面は自然な色合いで審美性にも優れています。金属を使用するため、歯肉が黒ずんでくることがあります。
価格
80,000円~
審美持続
★★★★
生体親和性
★★★★
※(税別)

素材
硬質レジン(保険)
イメージ
img
補綴の特徴
硬いプラスチックのような複合樹脂でできています。保険適用で広く使用されています。
価格
保険適用
審美持続
★★★★
生体親和性
★★★★
※(税別)


お口の中の状況に応じて、患者さんにあったものをご提案させて頂きます。



▲ページTOP

入れ歯


img
せっかく入れ歯を入れても、かみ合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。
また、入れ歯がフィットせず、すぐ取れてしまったり、歯茎が痛いなどさまざまです。
当医院では、見た目はもちろん咬む機能(咬合)を重視し、あくまでも咬む機能を回復するための入れ歯を提供できるよう力を注いでおります。


入れ歯の種類


ノンクラスプデンチャー
(スマイルデンチャー)



img
金具を使用しないためパッと見ただけでは入れ歯を装着しているかどうかわからないほど天然歯に上手く溶け込みます。また、金属アレルギーの方でも問題なく付けることが可能です。

歯の喪失箇所により 50,000円〜(税別)
当院では、しっかり噛めて、審美的にも優れたスマイルデンチャーを取り扱っております。

金属床


img
床の部分が金属でできた入れ歯です。
プラスチックの物に比べ、床を薄くすることができるので、熱が伝わりやすい他、丈夫さや薄さを限りなく追及し、自然に近い装着感や快適感を得ることが可能です。

保険義歯


img
材質がプラスチックなので、分厚く快適さが損なわれる他、口の中で熱が伝わりにくくなるなど、機能的に限界はありますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。


入れ歯の清掃


歯にプラークが付着して、しばらくすると歯石ができるように、入れ歯にもプラークや歯石が付着します。
入れ歯を掃除しないとそこに食べかすがたまり、細菌が繁殖しやすくなります。
入れ歯の清掃は

・食事の後は外して流水で汚れを落とし、歯磨き剤は付けずにブラシで磨く。
・寝る前に入れ歯を外し、洗浄剤を使用した水につけておく。

入れ歯を磨く時には、よく観察し磨き残しのないように丁寧にお手入れするよう心かけましょう。

入れ歯磨きのポイント

img
img

入れ歯の汚れについて


img
使用した入れ歯には、目に見えなくてもたくさんの汚れ(菌)が付着しています。
入れ歯の材料であるレジン(プラスティック)はカビが繁殖しやすく、除菌を怠ると、口臭や味覚異常、歯ぐきの違和感や痛みに繋がる恐れがあります。
毎晩きちんと洗浄し、翌朝には清潔な入れ歯をはめるようにして下さい。


▲ページTOP


小児歯科


img
成長発育の途中にある子どもにとって、丈夫で健康な歯でおいしく食事をするという行為は、大人と比べてとても重要です。
もし、お母さんが、「乳歯の虫歯はそのうち生えかわるから放置しても大丈夫」と思っているのであれば、それは重大な問題です。
例えば、虫歯が右側奥歯にできると、食べ物がはさまってしまったりして痛むため、大人でも子どもでも本能的に虫歯と反対側の左側ばかりで食事をするようになります。
これが小さな子どもで習慣づいてくるとどうでしょう。
数年後には、筋肉、顔面組織の非対称成長から来る、顔の真ん中の線のずれ、顔の輪郭の変形、さらには、これが全身面へ波及し、背骨の歪みまで影響することがあります。


子どもの虫歯の原因


歯磨きが上手くできない


原因の1つには「歯磨きが上手くできない」ということが挙げられます。
歯磨きは、ただ歯ブラシで歯をこすればいいというものではありません。
きちんと歯垢(プラーク)を落とすためには適切な磨き方、つまり技術が必要です。
子どもの場合、その技術を身につけていないため、口内の清掃が不充分になってしまうのです。

乳歯のエナメル質や象牙質の薄さ


2つ目の原因には「乳歯は永久歯に比べてエナメル質も象牙質も薄い」という点が挙げられます。
永久歯の半分ほどの厚みしかない乳歯のエナメル質や象牙質は、あっという間に虫歯菌に浸食され、神経まで達してしまうのです。

食べカスが溜まりやすい


3つ目の原因は「乳歯は食べカスが溜まりやすい」という点です。特に乳歯の奥歯の溝は清掃が不完全となり、虫歯菌が繁殖し、酸を出しやすい環境を作ってしまうのです。


虫歯にさせないための治療


フッ素塗布について


フッ素は虫歯に強い歯をつくる性質を持っています。このフッ素を定期的に歯に塗ることで歯質を強化します。歯に直接フッ素を塗るので、市販の歯磨剤よりも効率的に取り込むことが出来ます。

① 歯をきれいに磨き、エアーを吹き付け歯の表面を乾燥させる
② 脱脂綿などにフッ素入りの薬剤をしみこませ、歯に塗る
③ フッ素を歯に塗った後は30分ほどうがいや飲食をさける

シーラントについて


img
奥歯の噛む面には溝があり、虫歯が出来やすいところです。ここにシールをして虫歯を予防する方法があります。
これがシーラントです。
シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。
ただし、このシールが剥がれることもありますので、定期的に検診をする必要があります。
シーラントを行ったからといって、必ずしも虫歯が出来なくなるというものではありません。
また、これらの処置は初期の虫歯の治療法としても行います。


お子様の歯並び、気になりませんか?


小児矯正


患者さん本人やお父さんお母さんが、子どもの歯並びの悪さに気付かれるのは、大体6~7歳ごろです。
この時期に、上下の前歯が重なって生えてくるからです。
子どもは、10代中ごろまでが成長期です。
この時期にあごの骨を正しく発育させ、正しい歯並びで歯を正しく機能させるようにしていかなくてはいけません。


▲ページTOP

(c) 2017 Oricasa Clinic All rights reserved.